屋根用塗料Roof

用途

  • 窯業系屋根材
    住宅屋根用化粧スレート、プレスセメントがわら、乾式洋瓦
  • 金属系屋根材
    カラー鋼板(カラートタン、カラーアルミニウム板、カラーガルバリウム鋼板)、表面未加工のガルバリウム鋼板

特長

超耐久性
業界初の水系2液硬化システム「System M」と「ナノシリコンテクノロジー」の融合で、水系塗料でありながら従来の弱溶剤系2液型シリコン 樹脂塗料と同等以上の優れた耐久性を発揮します。
超耐候性
ルーフピアニは、弱溶剤系2液型シリコン樹脂塗料に匹敵する耐候性を保持した水系塗料です。
耐汚染性
硬く強靭な塗膜が塗膜の耐汚染性を向上させます。
強靭な塗膜
「System M」による完全な塗膜が、硬度をはじめとする諸物性を向上させます。

塗装仕様

ルーフピアニ

住宅屋根用化粧スレート・波形スレート(アスベスト含有)・プレスセメントがわら
工程 使用塗料 希釈割合 塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/セット)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 付着物(ゴミ、ホコリ、苔カビ、油脂類)をワイヤーブラシ、皮スキ、タワシ、高圧洗浄機で丁寧に除去し、充分に乾燥させる。
下塗り 水系パワーシーラーⅡ
16kg
既調合
(希釈しない)
ハケ・ローラー
エアレス
1 0.15~0.20 80~107 2h以上
上塗り ルーフピアニ
A液15kg B液0.3kg
0.7~2.3㎏
(希釈水)
ハケ・ローラー 2 0.15~0.18 43~51 4h以上
10日以内
16h以上

基材劣化が著しい場合は、基材洗浄を充分に行い、下塗りに「エポックマイルドシーラー(弱溶剤系)」をご使用ください。
劣化したプレスセメントがわらの下地調整には「水系ルーファーEX」をご使用ください。
旧塗膜が活膜の場合は、シーラーは必要ありません。

乾式洋瓦(モニエル瓦・スカンジア瓦)
工程 使用塗料 希釈割合 塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/セット)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 劣化塗膜、脆弱部分、塵あい、苔、油脂類は高圧洗浄で除去し、清浄な素地面とする。
詳しくは弊社スラリー強化プライマーⅡカタログの塗装手順をご参照ください。
下塗り スラリー強化プライマーⅡ
主剤6㎏ 硬化剤2㎏
6㎏
(希釈水)
ハケ・ローラー
エアレス
1 0.13~0.18 44~62 8h以上
上塗り ルーフピアニ
A液15kg B液0.3kg
0.7~2.3㎏
(希釈水)
ハケ・ローラー 2 0.15~0.18 43~51 4h以上
10日以内
16h以上

乾式洋瓦の塗り替えは、素地調整に留意すべき点があるため、必ず「スラリー強化プライマーⅡ」もしくは「エポックマイルドシーラー」のカタログをご参照ください。
下塗りに「エポックマイルドシーラー(弱溶剤系)」も使用可能です。

基材劣化が著しい場合の下塗り材
住宅屋根用化粧スレート、波形スレート(アスベスト含有)、ノンアスベスト波形スレート、プレスセメントがわら、乾式洋瓦
工程 使用塗料 希釈割合 塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/セット)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 付着物(ゴミ、ホコリ、苔カビ、油脂類)をワイヤーブラシ、皮スキ、タワシ、高圧洗浄機で丁寧に除去し、充分に乾燥させる。
下塗り エポックマイルドシーラー
主剤10㎏ 硬化剤1㎏
既調合 ハケ・ローラー
エアレス
1
(~2)
0.1~0.15 73~110
(36~55)

(4h以上)
5h以上
7日以内
上塗り ルーフピアニ
A液15kg B液0.3kg
0.7~2.3㎏
(希釈水)
ハケ・ローラー 2 0.15~0.18 43~51 4h以上
10日以内
16h以上

20年以上経過した基材など、表面が劣化し特に脆弱になっている場合は、「エポックマイルドシーラー」を2回塗りしてください。
「エポックマイルドシーラー」は、弱溶剤系塗料です。
ノンアスベスト波形スレートの場合、下塗りに「1液ノンアス用シーラー(溶剤系)」も使用可能です。

カラー鋼板、表面未加工のガルバリウム鋼板、金属製役物
工程 使用塗料 希釈割合 塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/セット)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 さびの発生が進行していたり、割れ、はがれ等のある場合は、3種ケレンによりさびや死膜を除去する。ゴミ、汚れ、油分を除去し、乾燥した正常な面にする。
下塗り 水系ハイエポン
主剤9kg  硬化剤6kg
0.8~1.0kg
(希釈水)
ハケ・ローラー 1 0.16~0.18 83~94 16h以上
7日以内
上塗り ルーフピアニ
A液15kg B液0.3kg
0.7~2.3㎏
(希釈水)
ハケ・ローラー 2 0.12~0.15 51~64 4h以上
10日以内
16h以上

さびの発生が著しい場合は「ハイエポン#1000(溶剤系)」も使用可能です。

ルーフピアニ遮熱色

住宅屋根用化粧スレート・波形スレート(アスベスト含有)
工程 使用塗料 希釈割合 塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/セット)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 劣化塗膜、脆弱部分、塵あい、コケ、油脂などは高圧洗浄、ワイヤーブラシで除去し、清浄な面とする。(水分率8%以下、pH10以下)
下塗り 快適サーモ水系シーラー 白
16kg
既調合 ハケ・ローラー
エアレス
1 0.15~0.2 80~107 2h以上
上塗り ルーフピアニ 遮熱色
A液15kg B液0.3kg
0.7~2.3㎏
(希釈水)
ハケ・ローラー 2 0.15~0.17 43~51 4h以上
10日以内
16h以上

下塗りは、「水系パワーシーラーⅡ+快適サーモW中塗りクリーム」または「エポックマイルドシーラー+快適サーモW中塗りクリーム」でも塗装可能です。
ノンアスベスト波形スレート、または基材表面が著しく劣化している場合、下塗りは「エポックマイルドシーラー+快適サーモW中塗クリーム」で塗装してください。
遮熱塗料は、塗付量が少ないと色相が違って見えたり、充分に隠ぺいしないことがありますので、塗付量は厳守してください。

カラー鋼板、表面未加工のガルバリウム鋼板、金属製役物
工程 使用塗料 希釈割合 塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/セット)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 最終養生
素地調整 さびの発生が進行していたり、割れ、はがれ等のある場合は、3種ケレンによりさびや死膜を除去する。ゴミ、汚れ、油分を除去し、乾燥した正常な面にする。
下塗り 水系ハイエポン
主剤9㎏ 硬化剤6㎏
0.8~1.1㎏
(希釈水)
ハケ・ローラー
エアレス
1 0.16~0.18 83~94 16h以上
7日以内
中塗り 快適サーモW中塗クリーム
15kg
0.7~1.5㎏
(希釈水)
ハケ・ローラー
エアレス
1 0.12~0.18 83~125 2h以上
上塗り ルーフピアニ 遮熱色
A液15kg B液0.3kg
0.7~2.3㎏
(希釈水)
ハケ・ローラー
エアレス
2 0.12~0.15 51~64 4h以上
10日以内
16h以上

表面未加工のガルバリウム鋼板は、未劣化の場合、目粗しをしてから塗装してください。
遮熱塗料は、塗付量が少ないと色相が違って見えたり、充分に隠ぺいしないことがありますので、塗付量は厳守してください。

BRAND CONCEPT
コンセプト
Peony
ピアニ(ピオニー)とは牡丹の花のことをいい、

花言葉は「王者の風格」

強靭な塗膜 優れた耐久性 高級感溢れる艶…
花言葉に負けることのない、世界初の水系屋根用2液型塗料に
ふさわしいものとなっています。
  • この製品のカタログ、SDSをダウンロードする事ができます。

    カタログをダウンロード

    SDSをダウンロード

    カタログは、文字のズレなどにより一部読みづらい箇所があります。あらかじめご了承ください。
    記載の内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。詳細につきましては最新カタログ・塗装仕様・SDS等でご確認ください。
    カタログPDFデータを印刷する際、「統合中」と表示され印刷できない場合は、[印刷]→[詳細設定]の「画像として印刷」にチェックを入れて再度印刷をお試しください。