会社情報

  • 会社概要
  • メッセージ
  • ポリシー
  • 営業拠点
  • 水谷ペイント沿革
  • 社報「菱みず」

水谷ペイント沿革

1922(大正11年) 水谷ワニス・ペイント工場創業、一般塗料の製造開始
1931 東京・名古屋出張所開設
1934 電気絶縁塗料・電気絶縁紙布・消化綿レザ-クロスの製造開始
1941 戦時統制により日東電工と合併、戦後分離
販売会社 菱水塗料株式会社設立
1949(昭和24年) 水谷ペイント株式会社と社名変更
1950 日本国有鉄道に対する納入資格取得
1951 油ワニス・エナメル製品、JIS表示許可取得
防水油、運輸技術研究所船舶用品検査試験に合格
1952 資本金2,000万円に増資
中小企業庁長官より技術向上、経営の合理化に対し表彰
東京・名古屋を支店に昇格、福岡支店開設
1954 広島出張所開設
1955(昭和30年) 高松出張所開設
1956 『ボウジンテックス』発売開始
1957 札幌出張所開設
新ラッカー工場建設完成
日本道路公団納入指定工場、防衛庁認定工場
1963 初代社長 水谷小太郎、黄綬表彰受章並びに正六位勲五等瑞宝章受章
1965(昭和40年) 日本電電公社納入指定工場
1966 大阪中小企業投資育成(株)より資本参加を受け資本金6,000万円に増資
新ワニス工場、アルキッド・ポリエステル反応装置完成
1970 ベルギー「リバート社」と粉体塗料で技術提携
塗装工事業につき建設大臣登録業者となる
1971 払込済資本金を1億円に増資
1975(昭和50年) 粉体塗料製造設備完成、『オキシパウダー』 製造販売開始
1978 電算機FACOM Vシステム導入
1979 社長 水谷小一郎、大阪府知事より産業功労賞受賞
「ポリマゴールド」量産設備新設
1981 広島出張所を支店に昇格
1982 水谷ペイント株式会社社員持株会発足
1983 北関東出張所開設
合成樹脂ワニス、反応設備増強完成
1984 電算機FACOM V−850システム稼働(オンライン化)
C.C.M.(コンピュータ・カラー・マッチング)による調色連携システム導入
社長 水谷小一郎、藍綬褒章受章
1985(昭和60年) 厚生会館「やよいセンター」完成
ステンレス塗装システムの完成
1986 南関東出張所開設
生産管理システム稼働
北関東出張所を支店に昇格
1987 朝日新和会計社(現:あずさ監査法人)と監査契約を締結
アクリル樹脂ワニスJIS表示許可取得
新水系工場、立体自動倉庫建設
1990(平成2年) 中部支店、広島支店、新築移転
東京、北関東、南関東の各拠点の機能を統合し、関東本部を設立
1991 埼玉県羽生小松工業団地に工業用地10,000平方メートル取得
本社工場の整備と福岡支店の改修
塗料業界として初めて『ポリマテックス』『水系ダントップR』が【エコマーク】認定
エコマーク
1992 創業70周年を迎え、CIのテーマ『彩entistミズタニ』 と定める
創業70周年記念旅行(全社参加、黒部、宇奈月温泉)

横浜営業所、関東テクノセンターの新設
環境対応型水系塗料の『水系ポリマ』『水系ひかり』『水系ボウジンテックス』など『エコマーク』認定
エコマーク
1993(平成5年) 精密自動計量配合省力装置(商品名 ダンクシュート)の販売開始
1994 埼玉工場用地4000平方メートルを追加取得
1995 多摩川物流センター売却
会長 水谷小一郎『勲五等双光旭日章』受章
埼玉工場(埼玉県羽生小松工業団地)建設着工
1996 埼玉工場第1期工事完成稼働

本社水系工場の増設
1997 iso14001マーク新株引授権付社債を発行
大阪支店を大阪市鶴見区に移転
ISO9001認証取得の準備
1998 iso14001マーク東京営業所を東京支店に昇格
北関東営業所を北関東支店に昇格
ISO9001認証取得
独創的研究成果育成事業(科学技術振興機構) 採択
2003 iso14001マークISO 14001認証取得
「中小企業経営革新支援法」に基づき大阪府知事から「経営革新計画」の承認を受ける
研究成果最適移転事業(科学技術振興機構) 採択
2004 地球温暖化対策壁用塗料「ナノコンポジットW」発売
執行役員制の導入
2006 取締役常務 水谷 勉 博士号取得
2007 「ナノコンポジットW」が第32回井上春成賞を受賞
【技術の名称】
ナノコンポジットエマルションの合成および塗料化技術
【井上春成賞について】
 「井上春成賞」とは、独立行政法人科学技術振興機構の前身の一つである新技術開発事業団の初代理事長であり、工業技術庁初代長官でもある井上春成氏がわが国科学技術の発展に貢献された業績に鑑み、新技術開発事業団の創立15周年を記念して創設された賞です。
 本賞は大学、研究機関等の独創的な研究成果をもとにして企業が開発、企業化した技術であり、わが国科学技術の進展に寄与し、経済の発展、福祉の向上に貢献したものの中から特に優れたものについて研究者および企業を表彰するものです。

「ナノコンポジットW」が第57回工業技術賞を受賞
【技術の名称】
ナノコンポジットエマルションの合成と環境対応型壁用塗料への応用および塗料化技術
【工業技術賞について】
 「工業技術賞」とは、大阪における工業会の進歩発展と科学知識の普及を図るため、大正15年(1926年)7月に大阪工業研究会の名称で、大阪市立工業研究所の外郭団体として発足し、後に改称した社団法人大阪工研協会から贈られる賞です。
 本賞は、科学技術の進行と研究者・技術者の奨励のため、会員企業および工業研究所で行われた研究開発・工業化技術の顕著な成果に対して表彰するものです。
2008 井上春成賞受賞祝賀会開催
2009 China Coat 2009 第14回中国国際塗料展に出展
会期:2009年11月18日(水)〜20日(金)
会場:Shanghai New International Expo Centre (中国・上海)

「ハイパー遮熱シリーズ」がおおさかエコテック(環境技術評価・普及事業)対象技術に決定しました。(大阪府環境農林水産総合研究所)
2010 中小企業庁、経営サポート「ものづくり中小企業支援」
試作開発等支援事業  採択
仙台事務所開設
American Coating SHOW に出展
会期:2010年4月13日〜15日
会場:Charlotte, NC, USA (アメリカ・シャーロット)

バイオマスR発表記念式典開催
開催日:2010年11月16日(火)
会場:ホテル阪急インターナショナル
開催日:2010年11月17日(水)
秋葉原UDXギャラリー

China Coat 2010 第15回中国国際塗料展に出展
会期:2010年11月27日(土)〜29日(月)
会場: Guangzhou Int'l Convention & Exhibition Center (GICEC) (中国・広州)

「バイオマスR」が下記のテレビ番組で紹介されました。
日時:11月30日(火)18時20分〜
番組:ABCテレビ
「NEWSゆう+」…植物から塗料!エコに強いぞ関西企業
放映内容は、技術部の開発ラボの様子、弊社内の製品モニター塗装現場、新製品発表会の様子、宇山教授のコメント、弊社技術者のコメントなどで構成されています。
2011 バイオマスR発表記念式典開催
開催日:2011年2月18日(金)
会場:ホテルライフォート札幌

2011中国(北京)国際塗料博覧会に出展
会期:2011年3月10日〜12日
会場:北京展覧館(中国北京西城区)

European Coatings Showに出展
会期:2011年3月29日〜31日
会場:Nuremberg, Germany (ドイツ・ニュールンベルグ)

シンソポール社(ドイツ)と技術提携(8月)

China Coat 2011 第16回中国国際塗料展に出展
会期:2011年11月23日(水)〜25日(金)
会場:Shanghai New International Expo Centre (中国・上海)
2012 Asia Pacific Coatings Show 2012に出展
会期:2012年9月19日(水)〜20日(木)
会場:Djakarta, Indonesia(インドネシア・ジャカルタ)
2013 European Coatings Showに出展
会期:2013年3月19日(火)〜20日(水)
会場:Nuremberg, Germany(ドイツ・ニュールンベルグ)

ナノコンポジットW 10周年記念式典を開催(大阪)
開催日:2013年7月17日(水)
会場:ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区)

ナノコンポジットW 10周年記念式典を開催(東京)
開催日:2013年7月18日(木)
会場:上野精養軒(東京都台東区)

Asia Pacific Coatings Show 2013に出展
会期:2013年9月12日(水)〜13日(木)
会場:Bangkok, Thailand(タイ・バンコク)
2014 仙台営業所開設

Asia Pacific Coatings Show 2014に出展
会期:2013年9月3日(水)〜5日(金)
会場:Djakarta, Indonesia(インドネシア・ジャカルタ)

快適サーモF(中・低明度領域)、快適サーモSi(中・低明度領域)
JIS K 5675 2種一級を取得
2015 「快適サーモBio」がおおさかエコテック(環境技術評価・普及事業)対象技術に決定しました。(大阪府環境農林水産総合研究所)

▼現在の本社、工場の航空写真

PAGE TOP