製品情報

  • 屋根用塗料
  • 内外壁用塗料
  • 床用塗料
  • 防水塗料
  • 工業用塗料

ボウジンテックス#2700DG

測定方法

  • 漏洩抵抗値の測定方法

    漏洩抵抗値は塗床と接地間の抵抗値を測定します。

  • 表面抵抗値の測定方法

    N.F.P.A(米国防災協会)の定める方法に基づいた床材の測定方法

  • 人体帯電電位の測定方法(ストロール法)

    静電靴を着用して足踏み歩行(約100歩/分)したときの床面との摩擦によって発生する人体帯電電位を測定します。

塗装工程

●アース板を埋設する場合

平滑仕上げ
※アース板はなるべく歩行の障害にならない部屋の隅や壁際に埋設してください。

※人体に帯電した静電気を除去するためには、静電防止靴などの着用が必要です。
(通常の安全靴などは静電防止機能がないものがありますので注意してください。)



●鉄筋・鉄骨をアースに用いる場合

油のこぼれた床面
※埋設されている鉄筋・鉄骨等にアースを直接接続する場合は、あらかじめD黒と接続する部分の錆止め塗料を剥がしてから塗装し、接続するようにしてください。

塗装仕様

標準工法

工程 使用塗料 希釈割合 塗装
方法
塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡
/回)
塗面積
(㎡/缶
セット)
可使
時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
シンナー 工程内 工程間 歩行可能
素地
調整

新打設のコンクリート面では、夏季30日以上、冬季40日以上養生乾燥させ(モルタル面では夏季14日以上、冬季20日以上 )、表面層の水分率5%以下(デジタル水分計)とする。表面層にレイタンスや緻密層があると付着不良の原因となるため、必ずポリッシャー又はライナックス等でプライマーが含浸する下地面になるまで目荒らしを行い、次いで丁寧に清掃する。既設モルタル・コンクリート面では、油分・ゴミ・ホコリ・泥等を丁寧に除去・清掃し、充分乾燥させる。また、クラック・不陸等はプライマー工程後、あらかじめエポキシパテ等で充填する。

下塗り ボウジンテックス
浸透性シーラーエポ
主剤 10.5kg
硬化剤 3.5kg
ハケ
ローラー
1 0.12〜
0.16
88〜
117
1h以内 4h以上
48h以内
アース アース板を使用する場合は、プライマー上のなるべく歩行の妨げにならない場所にエポシキバテ等で貼り付けて下さい。鉄筋鉄骨等をアースとして利用する場合は、あらかじめ#2700D黒と接触する部分の錆止め塗料をグラインダー等で剥がして金属部分を出し、#2700D黒を接触するように塗装してください。
中塗り ボウジンテックス
#2700D黒
主剤 10.5kg
硬化剤 3.5kg
0〜0.5L
#2700
シンナー
ハケ
ローラー
1 0.12〜
0.16
88〜
117
1h以内 6h以上
48h以内
上塗り ボウジンテックス
#2700DG
主剤 12kg
硬化剤 3kg
2〜4L
#2700
シンナー
ハケ
ローラー
2 0.14〜
0.18
42〜
54
3h以内 8h以上
48h以内
16h以上
完全硬化
3日以上

※塗付量にはシンナーは含まれておりません。塗付量は条件により増減します。
※プライマーのすい込みがはげしい場合は2回塗りをしてください。

PAGE TOP