新製品・新工法のお知らせ

ボウジンテックス駐輪場用防滑仕様


平滑仕様は、別途ご相談ください。駐輪機の改修は別途ご相談ください。

1.コンクリート面



2.アスファルト面



3.金属面(縞鋼板等)

コンクリート面

工程 使用塗料 希釈割合 塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/セット)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 歩行可能
素地
調整

新打設のコンクリート面では、夏季30日以上、冬季40日以上養生乾燥させ(モルタル面では夏季14日以上、冬季20日以上)、表面層の水分率5%以下(デジタル水分計)とする。
表面層にレイタンスや緻密層があると付着不良の原因となるため、必ずポリッシャーまたはライナックス等で塗料が含浸する下地面になるまで目荒らしを行い、次いで丁寧に清掃する。
既設モルタル・コンクリート面では、油分・ゴミ・ホコリ・泥等を丁寧に除去・清掃し充分乾燥させる。
また、クラック・不陸等はプライマー工程後、あらかじめエポキシパテ等で充填する。

下塗り 水系ボウジンテックス
エポキシシーラー
主剤12kg 硬化剤4kg
0〜0.8kg
清水
ハケ
ローラー
1 0.12〜
0.16
100〜
133
40分以内 8h以上
48h以内
上塗り 水系ボウジンテックス#300T
20kg
0.4〜0.8kg
清水
リシンガン
ローラー
2 0.3〜
0.4
25〜
33
2h以上 24h以上

※塗付量には希釈水は含まれていません。塗付量は条件により増減します。
※施行気温が15℃以下の場合、上塗り施行後にクラックが発生することがありますので、下塗りにボウジンテックス強化シーラーをご使用ください。


アスファルト面

工程 使用塗料 希釈割合 塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/セット)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 歩行可能
素地
調整

新設の場合は2週間以上期間をとり、表層の油分をなくす。
転圧が充分行われていることを確認する(簡易アスファルトの場合は、塗装後、アスファルトが持ち上がるので塗装をさける)。アスファルトのくぼみに溜まった土砂を取り除くため、キッチンブラシ等を併用して水洗する(油分がある場合は洗剤を使用する)。水洗後、自然乾燥させる。

下塗り 水系ボウジンテックスシーラー
15kg
既調合 ハケ
ローラー
1 0.2〜
0.3
50〜
75
2h以上
中塗り 水系ボウジンテックス#300N
20kg
0.2〜
0.5kg
清水
レーキ
ローラ併用
1 0.6〜
1.0
20〜
33
2h以上
上塗り 水系ボウジンテックス#300T
20kg
0.4〜
0.8kg清水
リシンガン
ローラー
1 0.3〜
0.4
50〜
67
24h以上

※塗付量には希釈水は含まれていません。塗付量は条件により増減します。


金属面

工程 使用塗料 希釈割合 塗装方法 塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/セット)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内 工程間 歩行可能
素地
調整

錆の発生が進行していたり、ワレ、ハガレ等のある場合は、3種ケレンにより錆や死膜を除去する。
その後、ゴミ、汚れ、油分を除去し、乾燥した清浄な塗膜にする。

下塗り ハイエポン#1000
主剤16kg 硬化剤4kg
0〜2L
専用シンナー
ハケ
ローラー
1 0.15〜
0.18
111〜
133
8h以内 16h以上
30日以内
上塗り ボウジンテックス#5500N
16kg
0〜2L
専用シンナー
リシンガン
ローラー
2 0.3〜
0.4
20〜
2,6
2h以上 24h以上

※塗付量には希釈水は含まれていません。塗付量は条件により増減します。

PAGE TOP